4月5日(金) 西武 vs 日本ハム 2-5

 

日本ハムに負けて連勝は3で止まった。日本ハムの先発の上沢が初回から素晴らしいピッチングをしていたので、「今日はあんまり点を取れないだろうな」と思っていたが、その通りになってしまった。それにしても、先発の多和田の調子が良くない。仙人(辻監督が発案した多和田のニックネーム)から人間に戻ってしまったようだ。どうやら多和田はマグルだったらしい。

 

ただ、マグル生まれだからといって侮ることはできない。数世代を経て強大な魔力が開花するケースも少なくない。浦飯幽助が魔族大隔世(隔世遺伝を意図的に起こせる能力)によって魔族として生まれ変わったように、マグル大隔世が起こる可能性もある。マグルは可能性の獣なのだ。

 

閑話休題。しかし、金子が今日の試合に出場するとは思わなかった。「今は無理するときではないし、数試合は休むだろう」と思っていたので、心底驚いた。金子は「試合に出たかったですし、『行きます』と言った以上、全力でやるだけだと思っていた。しっかりプレーできたので、そこは一番よかったかなと思う」というコメントを残している。怪我を押して出場した金子は、4打数2安打としっかり結果を残した。ネコんでなんかいられない。

 

それにしても、メヒアの様子が気がかりだ。2軍の試合では1試合で3本のホームランを記録したメヒアだったが、今日の試合では3三振を記録した。「2軍のホームラン=1軍の三振」という図式になってしまっている。ということは、2軍の試合で三振をたくさんすれば、1軍の試合でホームランをたくさん打てるということになるではないか。これぞ逆転の発想だ。善はメヒア。さまさまや!